Beerfroth System 機能一覧

[1] タイマーメール機能

未来の時刻を指定して、メール配信を予約

時刻を指定してメール配信

▼時刻を指定してメール配信

  • 西暦、月、日、時、分単位で指定可能

  • 初期表示は現在時間より1時間後

  • 配信予約後、配信時刻までなら修正可能

[2] 配信エラーレポート機能

成功リスト、エラーリストで確認

配信した結果がわかる

▼配信した結果がわかる

配信が成功したメールアドレスの一覧と存在しないメールアドレスへ送信した場合や入力ミス等で不達となる配信がエラーとなったメールアドレスの一覧を確認できます。顧客番号、顧客名、メールアドレスを確認できます。

[3] エラーメールアドレスの自動除外

不達のメールなら送信しない設定可能

メールアドレスを管理する

▼メールアドレスを管理する

配信エラーとなった回数をカウントします。配信エラーの回数を指定して、配信先リストから除外。問題が回避したら再び配信先に復活も可能。顧客データを削除するわけではないので安心です。