効果的な認知拡大マーケティング施策8選!コツや企業実例も解説

2024年6月20日


「認知拡大に効果的なマーケティング施策を知りたい」



「どうすれば認知拡大のマーケティングを成功させられるだろう」



このように考えているマーケターの方もいらっしゃるのではないでしょうか。認知拡大のマーケティング手法は数多く存在し、どれを実施すればいいか迷うこともありますよね。



そこで今回の記事では、認知拡大に効果的なマーケティング施策を8つに絞って紹介します。今回の記事を最後まで読めば、認知拡大のマーケティング施策を立案、実施できるようになるでしょう。



自社の商品やサービスの認知拡大を課題と感じているのであれば、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

認知拡大に効果的なマーケティング施策8選

認知拡大に効果的なマーケティング施策として、以下の8つを厳選して紹介します。

  1. Web広告
  2. SNS広告
  3. オウンドメディア
  4. YouTube
  5. SNS
  6. プレスリリース
  7. オンラインセミナー
  8. ホワイトペーパー

どれも認知拡大に大きな効果があるので、自社にどの方法が合っているのか参考にしてみてください。

1.Web広告

リスティング、ディスプレイ広告などのWeb広告は、認知拡大のマーケティング施策としておすすめです。ターゲットとする顧客層に直接アプローチできるため、宣伝効果が期待できます。

Web広告はユーザーの興味や検索履歴に基づいて表示されるので、顕在顧客を狙えるのも嬉しいポイントです。ターゲティングを細かく設定できるため、配信する前にターゲット像を明確にしておくと良いでしょう。

2.SNS広告

Instagram、X(旧:Twitter)広告などのSNS広告も認知拡大のマーケティング施策に向いています。ユーザーの年齢、性別、興味関心など細かいターゲティングが可能なので自社の思い描いているターゲットにリーチしやすいのが強みです。

また、広告がユーザーに拡散されれば、コストを抑えた認知拡大が期待できます。高いコストパフォーマンスを発揮できるケースもあるので、認知拡大のマーケティング施策としておすすめです。

3.オウンドメディア

オウンドメディアは、特に潜在顧客へのアプローチが得意な施策です。自社の製品やサービスに関する情報を深く正確に伝えられるため、ユーザーの課題感を明確化しやすくなります。

また、広告と違って記事を投稿すると、消さない限り半永久的な集客効果を発揮することが可能です。集客効果が出るまで時間がかかりやすいのがデメリットですが、資産性が高い施策になるので実施する価値は高いと言えるでしょう。

4.YouTube

YouTubeでは動画によって視覚的に情報を提供できるため、ユーザーの理解を深めやすくファンを獲得しやすくなります。潜在顧客へのアプローチが得意、動画で教育ができるためファン化の促進におすすめです。

また、動画の共有やコメント機能を通じて、ユーザーとのコミュニケーションも図れます。動画の共有を積極的に促して、さらなる認知拡大のチャンスをつかみましょう。

5.SNS

XやInstagramなどのSNSでは、自社アカウントでの継続的な情報発信を行って認知拡大を図ります。ユーザーの言及や口コミ効果も期待できるため、認知拡大に効果的なプラットフォームです。

キャンペーンやインフルエンサーマーケティングとの相性も良く、認知拡大において高い効果を発揮してくれる場合があります。特にXなど拡散性が高いSNSであれば、一気に自社の商品やサービスの認知度を高められるケースがあるので積極的に活用しましょう。

6.プレスリリース

プレスリリースは新製品の発表やイベントの開催など、重要な情報を報道機関やオンラインメディアに向けて発信する手法です。コストはかかりますが、メディア露出による認知拡大効果が期待できます

メディアに取り上げられることで、広範囲にわたる認知拡大を実現できるでしょう。有名なニュースサイトに取り上げられることもあるので、自社だけではリーチできなかった層にも宣伝が可能です。

7.オンラインセミナー

オンラインセミナーは、インターネットを通じて行われるセミナーやワークショップを指します。一対多数で自社の話を聞いてもらえるため、効率よく自社の商品・サービスの認知を広げることが可能です。

また、参加者からの質問にリアルタイムで回答できるため、顧客満足度の向上にもつながりやすいのもメリットと言えます。Zoomなどを使って簡単に開催できるため、積極的に活用して認知拡大を狙いましょう。

8.ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、製品やサービスに関する専門的な情報やデータなどをまとめた資料です。業界動向や自社の取り組みを発信できるため、認知拡大の施策として向いています

また、オウンドメディア運営とも相性が良いため、リード獲得も期待できるでしょう。オウンドメディア運営と並行して取り組んで、認知拡大に努めるのがおすすめです。

認知拡大マーケティングを成功させる3つのコツ

認知拡大マーケティングを成功させるコツとして挙げられるのは、主に以下の3つです。

  1. 認知拡大の目的を明確化する
  2. コンテンツの質を高める
  3. 導線設計を十分に行う

認知拡大マーケティングを確実に成功させたいのであれば、ぜひチェックしてみてください。

1.認知拡大の目的を明確化する

ターゲット層の設定はもちろん、なぜ認知拡大を行うのか事前確認しておきましょう。目的を設定することで施策の方向性が定まり、顧客に対して効果的なアプローチが可能になります

例えば、新製品の認知度向上、特定のターゲット層へのリーチ、ブランドイメージの構築など、具体的な目標を立てておくのがおすすめです。「とりあえず自社の商品やサービスを知ってもらいたい」という目的だけだと失敗しやすいので、明確なゴールを意識しておきましょう。

2.コンテンツの質を高める

認知拡大のマーケティング施策を行う場合、コンテンツの質は非常に重要です。魅力的で価値のあるコンテンツを提供することでユーザーの関心を引き、共有を促しやすくなります。

質の低いコンテンツを量産しても、ユーザーからの関心は得られません。量産することよりも、質を高めることを意識してコンテンツ制作を進めましょう。

3.導線設計を十分に行う

コンバージョンにつなげるため、CTAの最適化など導線設計を十分に行いましょう。ユーザーが求める情報にスムーズにアクセスできるよう、導線設計を十分に行うことが大切です。

目的に応じた導線を設計することでユーザーの行動を促し、最終的なコンバージョン率の向上につなげられます。例えば製品購入を目的とする場合、購入ページへのアクセスを分かりやすくすることが重要です。

導線設計が不十分だと成約に至らないので、事前にどのように訴求するか考えておきましょう。

認知拡大マーケティングに使える心理効果3選

認知拡大マーケティングに使える心理効果として、以下の3つを覚えておく必要があります。

  1. カクテルパーティ効果
  2. ザイオンス効果
  3. バンドワゴン効果

いずれも基本的な内容なので、早めに押さえておきましょう。

1.カクテルパーティ効果

カクテルパーティ効果とは多くの情報がある中でも、自分に関連する情報が出てきた時に注意が向く現象です。カクテルパーティ効果をマーケティングに上手く活用することで、ターゲットとなるユーザーの注意を引き、メッセージを効果的に伝えられます。

例えば、ユーザーの興味やニーズに直接関連するキーワードを広告文に使用することが挙げられるでしょう。ただし、カクテルパーティ効果を狙うためには、ターゲットに刺さる文言を十分に考えることが大切です。

事前にターゲティングやペルソナ設定を十分に行い、ターゲットに刺さる文言、コンテンツを制作できるようにしましょう。

2.ザイオンス効果

ザイオンス効果とは繰り返し接触することで、その対象に対する好意が高まる心理現象です。ザイオンス効果をマーケティング施策に取り入れると、ブランドや製品の認知度を徐々に高められます。

定期的な広告掲載やSNSでの情報発信を通じて、ユーザーとの接触機会を増やすことが効果的です。一度サイトに訪問したユーザーに対して表示するリターゲティング広告では、ザイオンス効果を狙いやすいので活用してみましょう。

3.バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは多くの人が何かを支持している様子を見ると、自分も乗りたくなる心理現象です。バンドワゴン効果をマーケティングに使うと、商品やサービスの人気をアピールし新たなユーザーの獲得を実現できます。

例えば商品のレビューや評価を積極的にWebサイトやLPで公開し、既に多くの人が利用していることをアピールすると効果的です。商品やサービスの信頼性をアピールする際にも使える手法なので、積極的に取り入れましょう。

認知拡大マーケティングに成功した企業実例3選

認知拡大マーケティングに成功した企業実例として、以下の3つをピックアップしました。

  1. 日本コカ・コーラ
  2. 株式会社POLA
  3. ギャラクシー・エンターテインメント・グループ

いずれも参考になる事例なので、認知拡大を行う上でのヒントにしてみてください。

1.日本コカ・コーラ

日本コカ・コーラは、新しいマーケティング戦略として生成AIを活用し「話すコーラ」キャンペーンを展開しました。生成AIという目新しいトピックを取り入れて施策として実施することで、消費者との新たな接点を作り出しています。

期間限定店舗「LIVING MART by Coca-Cola ZERO」では、コカ・コーラ ゼロのキャンペーンが実施され、陳列されたコカ・コーラがユーザーに話しかけるという体験が話題を呼びました。ユニークなアプローチを実施して、日本コカ・コーラは認知拡大に成功しています。

2.株式会社POLA

株式会社POLAは、コンテンツマーケティングを通じて認知拡大に成功しました。オウンドメディア「MIRAIBI」を運用し、現代女性に気づきを提供し続けています。

施策の一環として美容情報を中心に掲載していたメディアをリニューアルし、美容情報以外のコンテンツも掲載することで、潜在層へのアプローチを強化しました。その結果として、POLAは自社のターゲット層に対して、美容だけでない多様な価値を提供し認知度向上に成功しています。

3.ギャラクシー・エンターテインメント・グループ

Galaxyなどのスマートフォンを販売するギャラクシー・エンターテインメント・グループは、Galaxy Instagramフォトコンテストという認知拡大施策を実施しました。

Galaxy Instagramフォトコンテストとは、Galaxyで撮った風景や季節の写真を「#Galaxyカメラ部」というタグをつけてInstagramに投稿することを促す施策です。「#Galaxyカメラ部」タグがInstagram上で広がり、多くの人々に使われて認知度の向上につながりました。

SNSキャンペーンはユーザーの手によって拡散されるため、高いコストパフォーマンスを発揮してくれるケースがあります。

まとめ

認知拡大に使えるマーケティング施策は数多く存在し、施策ごとに特徴が異なります。それぞれの特徴を掴むことで、自社で何を実施すればいいのか明確になるでしょう。

ただし、事前に認知拡大の目的や最終的なゴールを決めておかないと、何のために実施しているか分からなくなるので注意が必要です。事前に認知拡大の目的やゴールを定め、成功事例なども参考にした上で慎重に取り組みましょう。「ビアフロス」は、デジタルマーケティングの悩みを解決するサービスです。AIを活用した顧客分析で、適切なタイミングや手法を把握できます。デジタルでの営業活動効率化に興味がある方は、下記リンクのから無料トライアルまたは資料請求をご利用ください。

https://www.beerfroth.com/

TOPにもどる
カテゴリー

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせフォーム

資料請求

〒320-0843 栃木県宇都宮市花園町 17-12 ヒロビル 3F

ISMS・Pマークの画像